2016年04月11日

4月9日。。。うえらんから

なるど氏が仕事で西の方へ行くと言うので、良いチャンスと、私とじゃっくんは、ウエランカラでお勉強(笑)。
本当は、週一程度、幼稚園に通わせたいけれど、物理的に難しいので、今回2度目のカウンセリング。
先生のお話は、躾相談だけでなく「犬とは・・・」「動物とは・・・」多岐にわたるので、伺っていて楽しいし、問題の本質に気づくこともあり、とても勉強になる。
その間、じゃっくんは。。。
ただ、床で待つのだけれど、これもお勉強。
理想は、リラックスして待てる事。
時折訪問者やワンちゃんが出入、知らない人、知らないワンちゃん。
私がトイレに行き、慣れない場所に残される若玖。
部屋の中には、住犬君、目の前のランを駆け回るワンちゃん達&楽しそうな声。
様々なシチュェーションを自然に体験、その都度、若玖の反応&私の対処の仕方を客観的な目で見て頂ける機会は、日常生活ではなかなか無い。

なるど氏が迎えにきてくれたので、なるど氏と若玖はランへ。。。
20160409i.jpg
大きな子達は一遊びしてオンリードで休憩中?
いや、社会化不足、慣れない若玖への、オーナーさん達の気遣いかもしれない。
20160409c.jpg
他の子にボールを取られたり(笑)、遊びに誘われたり、戸惑う若玖。
20160409d.jpg
それでも、元気なフレブル君に、始めちょっと尻尾が下がったけれど、それも一瞬。
次の瞬間、相手にエアパク。
20160409a.jpg
他のわんちゃんに、尻尾が下がっているのも、「嫌っ!」のエアパクも、初めて見たような気がした。
20160409b.jpg
その様子をみていた先生「健全に育ってますね」と。
チャーミングなフレブル君、遊んでくれてありがとう。
20160409e.jpg
ほぼ同齢のTプー君とも、双方社会化不足傾向なりに、近づいていく。
吠える子を前にしても「座れ」で私を見ながら座って居られたので、まずまず。
大きな子にも怖がる様子は無かった。
20160409g.jpg
ここのランは「オーナーさんの管理のもと、犬を遊ばせる」と、仰った先生のお言葉通り、オーナーさん達もしっかり自分のワンちゃんを見ていて、大きな子達も皆優しい。

カウンセリングで、吠えについてお訪ねしてみた。
TVなどの動物に吠える場合は、匂いを嗅がせたりして、TVを物と認識させる、
近所のワンちゃんの吠えや、外の音に反応するのは、若玖の場合、恐らくは「気引き」
ギャン吠えする訳ではないので、この程度なら無視。
ただし、来客など、人に面と向かって吠える場合は、呼び戻し→マテ→褒め→解除
この、解除がとても重要なのだけど、つい、忘れがち。
時々、吠えながら、震える事がある事も先生にお話した。
「怖い」では無く「気引き」ではないかと。
震えると「どうしたの」と、飼い主が気遣うのを分かっているらしい(笑)。

お留守番を察知すると、自らケージに入るにもかかわらず、ドアを閉めると一瞬ギャン吠え、布をかけると、静まる。
この不可解な行動は、パターン化されているのではないかと。。。
だとすれば、若玖の中のパターンを崩せば良い。
例えば、家に家族が居る時に、ケージに入れて、ドアを閉め、布は被せず知らん顔で本でも読む。
最初は数分から、何度かそういう事を繰り返せば、若玖の中にできたパターンが崩れるかもしれないそうだ。

パテラの疑いも、今の所大丈夫そうだし、1歳を過ぎ、若玖は益々、好奇心旺盛。
何か教えた方が、彼の生活が楽しくなるのでは?トリックなど、私にも教えられないものか。。。
先生に伺うと、クリッカートレーニングを見せてくださった。
今回は時間が足りず、基本の基本だけ教えて頂いたが、次回は、本格的なトレーニングを勉強したいと思った。

覚え書きなので、私の記憶違いも有るかもしれないけれど、日常生活で気になって居た事、興味のあった事等、他にも沢山教えて頂いた。
客観的に若玖を見る事も出来た。
次の機会が今から、楽しみ。

夜は、バイトの打ち上げ、若い人達と、美味しい和風イタリアン?
美味しいお料理と楽しい時間。

私にしては、アクティブ&なかなかハードではあったけれど、充実感のある一日でした。





posted by Chama at 12:29| 福岡 ☁| Comment(0) | じゃっくん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。