2013年09月24日

三連休。。。

お彼岸なので↓玲雄の好きなオハギ
20130921.jpg

久しぶりに玲雄の夢を見た。
気持ち良さそうに、四角い何かを枕によく眠っていた。

最近、玲雄のライバル子竜君が食欲不振と言う事があり、時々ご飯を炊く↓
20130922.jpg
子竜君に食べさせるのが目的になると、同じご飯作りでも、感傷的にならずに済むのが不思議だけれど有難い。
自分のライバルに、せっせとご飯を運ぶ私を、玲雄はどう思っているだろう。
時々、自分の前にもご飯が出て来るようになって、喜んでいるのか?
彼の世話を焼く私にムッとしているのか?
聞いてみたいものです。。。(笑)


posted by Chama at 21:56| 福岡 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

6回目の月命日。。。

母がお寿司を作ったので↓
20130914.jpg
酢飯が好きだったので、喜んでいるだろうか?

昨日は久しぶりに、なるど氏実家用惣菜を作ったので、面取りした野菜が彼是と。。。
玲雄のご飯に調度良い、久しぶりに作ってみた↓
20130913.jpg
豚肉・豆腐・南瓜・大根・赤ピーマン・レタス・米
惣菜作りの片手間に作ったからか、忙しさに紛れてか、前回みたいに涙は無い。
ただ、冷ましながら、「え〜っとサプリは。。。」一瞬、薬とサプリが頭をよぎる、習慣とは恐ろしい(^^ゞ。
もう、半年も前のことなのに。。。
玲雄も笑っているだろう。。。
posted by Chama at 23:56| 福岡 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

久しぶりに映画を観た。。。

「風立ちぬ」。。。
下手な私の感想など書かないほうが良さそうな、素敵な映画。。。
なるど氏と夫婦割を利用できる映画(共通の観たい映画)は多く無い(^^ゞので、宮崎駿さんの引退はやっぱり寂しい。。。
大学時代、芸学だったからか、周囲の男の子達は、口を揃えて「カリオストロの城」を絶賛し、宮崎映画を熱く語っていた。。。
あれから数十年。。。良いものは、時を重ねて凄みを増していくのだろうか。。。

話し変わって。。。
子竜坊ちゃま「初、イチゴのショートケーキ記念」お裾分け(^_^)↓
20130908r1.jpg
玲雄君。。。ふんわりクリームで、とっても美味しかったね。
posted by Chama at 21:56| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

8月31日土曜日。。。

友人に誘われて↓に行ってきた。
20130831k1.jpg
目的は火祭り、けれど、バスハイクなので、フルーツ狩り、ビール工場&試飲と、良くも悪くも盛り沢山(^^ゞ。
台風とぶつかりそうで、当日の朝まで、どうなるのかな?と思っていたけれど、運良く、雨に降られることもなく、ツアー行程も、概ね予定通り、雨上がりのお陰で、涼しく、とても快適。

火祭りは、日が沈む頃、山間に笛や尺八が物悲しく響き、花火の音を合図に、約1,000本の松明がたかれ。。。
私達は調度、山の途中の石仏で、ガイドさんの説明を聞き終え、山を下り始めた頃、下のほうから響く笛の音に足を止め、そちらの方に、視線を移した時だったので、パンフレットの言葉通り「石仏周辺一帯が幽玄の世界に包まれる幻想的なお祭り」の始まりを、少し高い所から、会場の全貌を見ることができた。
友人の言葉を借りるなら「横溝正史の世界」、良い意味、素朴で、叙情的、古い映像の中の山里。。。
笛や尺八が奏でる曲がその景色に溶け込んで、心に染みいるよう。。。
荘厳ないかづち太鼓、生歌(無伴奏)の供養盆踊り、恐らく語り告がれている地歌?なんとも言えない風情で、聞き入ってしまうほど。。。
20130831k2.jpg
友人も私も心の中は喪中。。。供養法要をしていたお寺で火をともし、手を合わせ。。。
20130831k3.jpg
目にするもの、耳に入る音色、全てに癒されるような時間を過せたように思うのは、彼女も私も、日々、変わらず暮らしながらも、それぞれに、心が未だ、元気になれずにいるからなのかもしれない。

以前、家族で臼杵には来た事がある↓
http://open93bon.zatunen.com/diary2007/20070106.htm
今回同行してくれたプチ玲雄↓と、
20130831r1.jpg
懐かしい場所にも行って見た。
猫さんに気を取られている時に、なるど氏が鐘を撞いたので、驚いて母の後ろに隠れる玲雄が可愛かった↓
20130831r2.jpg
何処へ行くにも一緒だった玲雄。。。浮羽→日田→臼杵、その先々に玲雄の思い出。。。

場所は違うが、ビール工場(ビール園)にも、忘れられない玲雄の姿が有る。
WAN仲間と、気持ちよく飲んでいたなるど氏は、手からリードが離れた事に気づかず、また、私は迂闊にもその事に気づかなくて(^^ゞ、友達の「玲雄君何してるの?」の声に振り返ると、数メートル離れた所で、大きな氷のボックスを入れ替えている係りのお兄さんの横に座り、お兄さんを見上げる玲雄。。。
慌ててお詫びに行くと、お兄さん、ニコニコしながら、「何を見てるんですかね?」のような事を言いながら、お愛想にでも、玲雄に声をかけてくれたり。。。
「多分、氷を貰いに来たんだと思います」と言うと、お兄さんが氷を一つ、玲雄へ。有り難く頂戴した玲雄(笑)。入れ替えで、地面に氷が沢山撒かれていたのに、座って待っていた玲雄に妙に関心してくれたお兄さん。
家でも氷の音がすると、冷蔵庫の前に飛んできて、私の前に座った玲雄。お友達のお家でも、同じ事をしていたので、その時の私は何の疑いもなくそう言ったのだけど。。。
「物は人から頂く」「勝手に持って行っては(私に)叱られる」それとも、氷が撒かれて涼しいから、涼んで居ただけ?(爆)、本当のところは分からない。。。

最近玲雄の事を思う時、あんなに厳しく育てなくても良かったのではないか?のびのびと育てたら、どんな子になっていたんだろう?そんな事を考える。
そんな話をする私に友人は「でも、他人に怒られたり、叩かれたりする我が子は見たくないでしょ、だから良いのよ」と。子育て経験者の彼女は子供に「お母さんは怒りすぎ」と、言われた時に、「他所の大人に叱られるよりは良いでしょ」と言ったらしい。子供達もその言葉には納得したそうだ。。。
確かに私の根っこにもそんな気持ちはあった。
「所詮犬だから。。。」「だから犬は。。。」等々、あからさまに嫌な顔をされるのは悲しい。
勿論犬は犬として尊重したい面はあるし、「犬は嫌い」な人が居るのも分かっている。
それでも、可能な限り、何処にでも一緒に行きたかったので、人の迷惑になること、無用に犬嫌いになる人を増やさないようにと、自分なりに努力は続けたつもりだが、それに伴い玲雄には、どんどん私とのルールが増えていった。これが玲雄にとって、どうだったのか。。。
人の社会を連れまわさず、家族や家だけなら、自由に庭駆け回り、煩い事を言われずに散歩をする、そんな暮らしの選択肢もあった。
「可能な限り共に」玲雄もそれを望んでいると思っていたのは、傲慢だったのか。。。今更ではあるけれど、時折そんな事を考える。。。
人間の子供のように、意思を言葉にしてくれれば、気づく事もできたのか。。。
20130831r3.jpg
確かに。。。(^^ゞ

ただ、一緒に駆け回るお友達が出来た事は、本当に幸せだったね。
写真をみても、嬉々として、愉しそう。。。
20130831r4.jpg
こんな顔を見ていると、迷いは鎮まり、心が和むよ、玲雄くん。。。





posted by Chama at 16:02| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。